読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日のDIG ~良曲を探せ~

音楽って素晴らしい。

2016年。中目黒でラジカセを買う。

雑記

2016年も終わりに差し掛かった今日、「CDを聴く」という行為は既に失われてしまったのではないだろうか。

俺は月に数枚から十数枚のCDを購入しているが、「CDを聴く」行為から離れて久しい。どういうことか?
CDを開封したら真っ先にPCへ取り込んでしまうからだ。加えて、家にCDプレイヤーが無い、というのも大きい。
データ化した後の残骸は棚を埋める為の材料か、良くてオブジェとなる。うちのCD棚は音楽の墓場だ。
言い様のない違和感を覚えながらも、日々せっせとCDをデータ化していた。普段音楽の存在を意識している程、その違和感を無視出来なくなる。
今日は気晴らしに街を散策する事にした。勿論、大量のmp3が詰まったiPhoneを片手に。

あてどもなく街を歩いて廻ったけど、一つだけ、ここに訪れてみようと考えている場所があった。中目黒にあるカセットテープ専門店waltzだ。
アナログブームが謳われて久しいが、正直このブームを実感した事は店頭以外で無い。だからカセットテープの専門店が出てきた事も「また市場に新しいネタが投下されたか」位にしか思っておらず、その存在に疑いすら覚えていた。
しかし疑問を覚えながらも、レコードに対して感じなかった引っかかりを感じてもいた。

俺はレコードの事を知らない世代だ。
そしてカセットの事を知ってる最後の世代だ。

多分、この差なんだと思う。デジタルネイティブ一歩手前の最後のアナログ世代(a.k.a ゆとり)。
この引っかかりに折り合いをつけるべく、waltzのやたらと堅牢な門を開いた。

一歩入った途端、整然と並べられた大量のカセットテープが目に入った。見た事がない光景だった。その瞬間からカセットの「物体としての魅力」に囚われてしまった。
とはいえ、プレイヤーも持ってないしカセットは希少故に高い。CDならブックオフで500円で買える物が3000円もする。プレイヤーも販売していたけども、気軽に買える値段ではない。
結局、それらを眺めた後はすごすご退散せざるを得なかったのだが、ここで一つ大きな欲求が芽生えている事を感じた。

データじゃない音楽を、この手でプレイヤーへセットしたい。

PCのドライブにCDじゃ駄目なんだ。ちゃんと専用機で聴きたい。そんな事を悶々と考えながら池尻大橋方面へ歩いていると、とあるリサイクルショップの看板が目に入った。店頭へ目をやると、なんと昔懐かしいCDラジカセがポツンと置いてあるではないか。

完動品で2800円。 躊躇せずにそれをレジまで持っていった。

これまでの散策で、実は幾つかCDを購入していた。Galaxie 500Gang of FourDaniel Johnston。いずれもチープな再生環境が似合う音楽だ。
帰宅後、早速Galaxie 500をラジカセで流してみると驚愕した。かなり音が良いのだ。
そもそも俺は音質への拘りが薄く、ハイレゾで盛り上がってる大半の人間はボンクラだとすら思っている。一定以上の音質を超えると、後は再生環境による好みでしかないというのが持論だ。
そこでラジカセ。いつか忘れ去られてしまった再生機器。無駄に重くて野暮ったいデザインのあいつ。
こいつの音がすごく良かったんだ。
ここで言う「良さ」とは、純粋な音質ではなく、音楽と好みにハマる音色ということだ。
ラジカセの音がしっくりくる。これまでmp3をiPhoneで聴いていた人間としては、金槌で頭を殴られる様な衝撃だった。
そして、自らの手でセットされるCD達。何処と無くこいつらも嬉しそうな気がする。

きっともう、うちのCD棚は墓場じゃない。

waltz | カセットテープ & レコード from 中目黒
リサイクルショップ サイ - 東京・中目黒の中古品販売・買取